時代は南米か? 

トヨタクラブ選手権の決勝が終わりました。
リバプール(Eng)?サンパウロ(Bra)の闘いだったのだけど、
良い勝負でした。
世界のサッカーの流れを見と南米選手の活躍が目につきます。
来年のワールドカップで日本はブラジルと対戦することもあり
南米に注目が集まる事、必至です。

スポンサーサイト



コメント

現場ではサンパウロのサポーターが多かった。もちろんリパプールサポーターもいたが。
サンパウロはあちこちに団体で、リバプールは離れ離れだったせいもあるかなぁ団体はゴール裏だけだった。
それと、なぜリバプールはクラウチ、シセを外したんだろう・・・なぞだ。
勝てたゲームだったような気がする。。。

お~ 現場情報サンクス
リバプールサポーターはあまりテレビでも見なかった気がする。
南米勢はトヨタカップの時もそうだったけど、「ココでアピールしてヨーロッパへ」って気持ちが強いし
サポーターも本国から大挙して来ていたと思う。
ようするにゲームの重要性がヨーロッパとは違うんだよね。
ゲームに関してはリバプールはクリスマスまでに4試合するらしいから、
選手の温存ってのもあったんじゃないかな?
まぁ来年も日本でやるらしいから、出場国を見て見に行ってもイイかなって思った。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://higuti.blog8.fc2.com/tb.php/186-df4d6356
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード